マレーシア 両替 / 通貨リンギット 両替 レート比較

リピーター、移住者のための両替レート比較サイト
リンギット レート / マレーシアリンギット満員御礼両替所

マレーシア リンギット 金利情報

金利情報(2011年7月更新)


政策金利である翌日物借入金利と翌日物貸出金利はそれぞれ4.50%と6.50%です。
預金準備率は8月5日より1%引き上げて21%になりました。

フィリピンは金融危機後には政策金利を借入金利で4.00%、貸出金利で6.00%まで引き下げて いましたが、2011 年に入ってから3 月と5 月に、0.25%ずつ計0.50%の利上げを行っていました。
前回の会合(6 月16 日)では、政策金利は据え置いたものの、預金準備率を1%引き上げました。
今回は、前回と同様に政策金利は据え置き、預金準備率を引き上げるという決定でした。


銀行金利


一般的に1年定期で大体2.5%、2年で2.7%、5年で3.8%くらいまで付きます。
銀行により少し異なり、また常時金利は変動していますので、その都度確認しましょう。

■CIMB 銀行 ※2011年8月時点
1ヶ月定期 3.00%、 3ヶ月定期 3.05%、 6ヶ月定期 3.10%、
12ヶ月定期 3.15%、 36ヶ月から47ヶ月定期 3.30%、 60ヶ月定期 3.65%


預金保護


2005年から預金保護制度が開始されました。
一つの銀行につき60,000リンギットまで保護されます。
複数の銀行を利用している場合は、その銀行ごとに60,000リンギット保護されます。
マレーシアでは、銀行が倒産した前例はほぼありませんので、預金した際の心配は不要と言えます。


おすすめの銀行


May bank, CIMB Bank, Public Bankあたりがおすすめです。
これらの大手銀行は全国に支店も多く、利用し易いと言えます。

Citibankは、世界中に支店を持ちペナンやクアラルンプールにもあります。
日本でCitibankの口座を作り国際キャッシュカードを作ると世界中のCitibankで利用出来るメリットもあります。


その他の金融商品


銀行の信託部門が株や債権を組み込んだ投資信託を沢山販売しています。
また生命保険会社が、貯蓄型の保険を売っており、高い利回りを提供する商品もあります。

全額返金キャンペーン!日経平均AI予想ツール「GROWIN」
満員御礼おすすめホテル KLセントラル ミッドバレー KLCC チョウキット チャイナタウン ブキッビンタン マラッカ ペナン島 コタキナバル クアラルンプール
Copyright(c) devo.inc All Rights Reserved.